ゴミ屋敷の掃除

ゴミ屋敷の掃除料金

買取り料金と片付け料金

ゴミ屋敷の掃除は、片付けるゴミの量が多いか少ないかで、ずいぶん料金が変わります。インターネットで比較してみると、同じ1DKでも作業人数5人で6時間+ハウスクリーニングで432,000円、作業人数6名で5日間+ハウスクリーニングで100万円以上と、業者によってずいぶん料金が違いました。

ゴミ屋敷の掃除をする場合、大抵依頼主は別の場所で待機することが多いのですが、見積もりを取る際に「価値のありそうな物を発見した場合はすぐに見たい」などの希望を伝えて、依頼主がどこで待つか打合せしておいた方が良いでしょう。

ゴミ屋敷の掃除料金は、支払方法がその場での現金払いをせねばならないのか、振込か、クレジットカードが使えるかを確認することも大切です。また、価値のあるものの買取り料金と片付け料金を相殺して、支払い料金から引いてくれる業者もありますので、その確認もしておきましょう。そして何よりも、ゴミ屋敷になる前に片づけることが大切です。

ゴミ屋敷の掃除ははやめに

ゴミ屋敷は、悪臭に火災、建物の倒壊に害虫被害をもたらします。ゴミ屋敷の持ち主だけではなく、近隣住民にまでその被害が及ぶことも。

さらにゴミ屋敷は、スペースと時間の無駄になるだけでなく、住宅の劣化を早める危険性もあります。床に湿気が溜まってしまい床を腐らせ、そのゴミの重さに耐え切れず床が落ちてしまう可能性すらあります。アパートや木造の集合住宅などの場合は、下の階の住人へ被害をもたらすこともあり、大変危険です。床が落ちてしまうことで、自身の怪我だけではなく、下の階の住人を怪我させてします可能性もあります。

苦労して手に入れたモノなら、手放したくはないかもしれません。ですがモノは、墓まで持っていくことはできません。モノを抱え込み、居住空間まで圧迫されたゴミ屋敷では健康に良いわけがなく、すぐモノとのお別れの時が来てしまうかもしれません。早期決断し、自分だけで無理ならば専門家の力も借り、ゴミ屋敷の掃除ははやめに始めましょう。