サラリーマンの節税対策

サラリーマンでも税金に関心を持てば節税ができる

お金をうまく使って節税

社会の中で生きている限り、払わなければならないのが税金。納税の義務は憲法に規定されている国民の義務です。と言っても、無駄な税金は払わず、できるだけ節税したいもの。サラリーマンの人は、税金の計算は会社がやってくれるからと、特に節税を意識していないかもしれません。しかし、サラリーマンでもできる節税対策はあります。ちょっとした工夫をすることで、年間に払う税金をかなり減らせることも。まずは節税に興味を持ち、いろいろな知識を集めておくのがおすすめです。たとえば、お金を貯金したり投資に回したりしても、税金がかかります。せっかく自分が働いて貯めたお金なのに、税金で目減りしてしまうことがあるんですね。また、どうせお金を使うなら、節税になる使い方をするという方法もあります。たとえば、お店で物を買うより、ふるさと納税を利用して商品をゲットすれば、寄付金控除が受けられ所得税や住民税が安くなります。

 

税金を払うときに節税を意識

税金について知識がなかったことが原因で、本来払わなくても良い税金を払ってしまうこともあります。たとえば、年間にかかった医療費が多ければ、所得控除の1つである医療費控除が受けられます。医療費控除については、会社で年末調整し忘れた場合でも、確定申告をして税金の還付を受けることができます。しかし、医療費控除ができることを知らないまま5年間が過ぎてしまえば、払い過ぎた税金は返してもらえません。また、たとえ親族間でも、現金や不動産を贈与すると、贈与税がかかります。けれど、贈与税にはいくつか非課税特例があり、条件をみたしていれば一定額まで贈与税が非課税になることがあります。その他に、相続税などもうまく節税したい税金です。相続は誰にでも起こり得ることですから、親が財産を持っている場合には注意しておかなければなりません。サラリーマンの節税は、税金に関心を持ち、知識を持つことが第一歩です。