営業代行の効果

営業代行の費用対効果を出すために

変化が目に見えてわかること

営業代行を導入する時点、導入した後、どちらにしても気になるのは効果でしょう。誰しも、効果を期待して営業代行に依頼するわけですから、“できませんでした”では済みません。目に見える数字での結果は当然、期待されることとなります。

そこで、正しく営業代行としての職務を行えば、このような効果が出るということを事前に紹介しますので、ヒアリングや契約の際には、ここに注意しながら見たり、聞いたりしていくようにしましょう。

まず、最も期待されるのが顧客の新規獲得です。今後の商談や契約につながる可能性を多くするためには、顧客の新規獲得なくして進展はないからです。

次に、現職営業マンがもしいなくなったとしても、慌てることのない状態にしておくことです。そうすれば、一定の売り上げを最低でも維持することにつながるからです。

次に、営業代行が導入される分、他の仕事に回す時間が増える効率化の実現です。今までできなかったことに攻め込める良い機会になります。変化が目に見えることが効果だといえるでしょう。

営業代行の選択を間違えないこと

だいたい、営業代行を依頼する企業は、中小企業がほとんどです。営業や営業部門自体がない企業が多く、社長が一人で営業をやっているとか…、そういう事情ですから、数十万の費用でも大きな賭けであることはよくわかります。費用対効果を求め、費用対効果が出なければ困ることは切実な問題となるでしょう。

だからといって、営業代行は営業のプロだから効果は出るはず…。どうせ営業代行は無駄な費用に決まっている…。そうとも思ってはいないでしょうか。どちらも不正解で、「費用対効果を望むなら適材適所で、商材にマッチした営業代行に依頼すれば」という前提条件があれば、思った以上の効果を出すことは可能です。

商材にマッチした営業代行でなければ、営業のプロでも効果は出ませんし、無駄にもなります。営業代行の選択を間違えないことが、営業代行の効果につながるでしょう。