成果報酬の相場

商材や成果で違ってくる成果報酬の相場

成果という意味での報酬型は3つ

成果報酬の相場となると、次のような金額の一例を挙げることができます。
固定報酬型:月額(50 ~60万円/1名)、成果報酬型:1アポ(1.5~2万円)、成約(売上の30~50%)、複合型:固定25~30万円+成果報酬です。
料金体系は上記の通りで、固定報酬型成果報酬型複合型に分けることができます。

固定報酬型は、成果の有無によらず、毎月一定の料金が発生することになります。顧客の新規開拓時によく導入される営業代行の報酬型ですが、成果次第で安いと思うか、高いと思うかの費用対効果の感じ方は違うでしょう。

成果報酬型は、成果がなければ料金は発生しないことになります。アポイントメントや受注成果でよく導入される営業代行の報酬型で、固定報酬型より最初から料金が割高に設定されていることもあるでしょう。

複合型は、固定報酬型と成果報酬型を組み合わせた料金体系ですが、成果報酬型を基本としているため、固定報酬型より費用がかからない場合もあります。

完全成果報酬型の注意点

営業代行の報酬型の中で、成果報酬型、それも「完全」がついた完全成果報酬型ということを謳い文句にしている営業代行もあります。

成果報酬型といえば、成果がなければ料金は発生しないタイプの料金体系ですから、そのことは同じですが、「完全」がついた報酬型の成約の場合、売上の50%以上となる報酬が相場だといわれていますが、営業代行が紹介だけで成果を出す場合は、成果の20%ほどが相場ともいわれることもあります。

また、契約の際によく確認しなければならないことですが、「営業代行が開拓した新規顧客が商材を利用する限りは、継続的に報酬を支払う」という契約内容になっている場合も可能性としてはあります。完全成果報酬ですから、営業代行からすれば道理の通っていることではありますが、そこまでの料金は支払いたくないというなら、成果報酬型で請け負ってくれる別の営業代行を探さなくてはならないでしょう。