確定拠出年金

老後資金を作るなら節税になる方法で

確定拠出年金の運用益は非課税

資産運用をする際にも、節税になる方法があります。その1つが、確定拠出年金に加入することです。確定拠出年金には、企業型と個人型があります。企業型確定拠出年金は、企業単位で導入するものなので、導入企業に勤めていなければ加入できません。一方、個人型確定拠出年金は、20歳以上60歳未満の人なら、基本的に誰でも加入できます。既に企業型確定拠出年金に入っている人でも、個人型確定拠出年金に加入し、両方を併用することが可能です。確定拠出年金は、毎月一定の掛金を積み立てて運用し、60歳以降に年金または一時金として受け取るというものです。つまり、確定拠出年金は、老後のための貯蓄ということになります。では、自分で定期預金や投資信託などで運用するのと何が違うのかというと、非課税の恩恵が受けられるという点です。通常の貯金や投資で得た利益には、20%の税金がかかりますが、確定拠出年金なら税金がかかりません。

 

拠出時と受取時にも節税メリットがある

確定拠出年金に加入すれば、運用の結果得られた利益に対して税金がかからないということ以外にも、節税効果があります。まず、確定拠出年金に払った掛金は、全額所得控除(小規模企業共済等掛金控除)の対象です。さらに、受取時には、年金で受け取れば公的年金控除、一時金で受け取れば退職所得控除が受けられます。つまり、確定拠出年金に加入していれば、所得から差し引きできる金額が大きくなるため、所得税や住民税を抑えることができます。確定拠出年金に払った分は、60歳になるまで引き出すことができませんから、老後資金以外に利用するというわけにはいきません。老後資金に充てることを目的に貯蓄するのなら、確定拠出年金でできるだけ多く運用した方が得になります。個人型確定拠出年金は、月5000円から入ることができ、途中で積立金額を変えることもできます。節税しながら老後資金を作るために、加入を検討してみるのがおすすめです。