IQOS(アイコス)

フィリップモリス社製のIQOS(アイコス)

ヘビースモーカーたちがこぞって購入し始めた、紙巻きたばこに代わるたばこが、フィリップモリス社製のIQOS(アイコス)です。たばこ業界では前代未聞の大ヒットで、販売台数100万台を突破しているといい、店頭で品薄状態だというほど話題になっている加熱式たばこになります。

日本の電子たばことは違い、ペースト状にしたたばこの葉を加熱して蒸気を発生させ、吸入する方式をとっているため、ニコチンが摂れるたばこになっているのです。喫煙者はニコチン中毒ともいえる状態になっているため、日本の電子たばこでは満足できないヘビースモーカーたちの選択肢の一つとして、煙を出さないでニコチンは摂れるということが人気を呼んでいるのでしょう。

煙のように見えるのは蒸気で、従来のたばこから出る「副流煙」にある有害物質が9割以上もカットされるということで、迷惑度合いが大幅に削減できる点でも支持を得ているのかもしれません。同時に、喫煙する側への配慮もあるたばこで、最も有害とされるタールを出さないことを実現しているのです。

タールは、たばこの葉が燃焼する際に発生するので、従来では必然的にタールも吸い込むことになってしまっていましたが、IQOS(アイコス)は燃やさないわけですから、タールは発生しないということになります。煙の迷惑を極力かけないでニコチンだけを摂取する方法が大うけなのです。

IQOSストアに行って購入することで確実に購入

フィリップモリス社が2,500億円を投じて開発した、次世代電子たばこといわれています。本来は一部のたばこ店やスーパー、IQOSストア、全国のコンビニで購入可能となっていますが、あまりの人気のため、入手困難となっているほどです。本体設定価格は9,800円、専用の葉たばこ20本入り「ヒートテック」は460円で、ネットでクーポンを使用すると3,000円OFFとなっています。

一番確実な購入方法は、7店舗あるIQOSストアに行って購入することのようです。

 

IQOS(アイコス)・ 革新のたばこヒートテクノロジー | フィリップモリスジャパン

https://www.iqos.jp/