営業代行の導入

営業代行の導入前に検討しておくこと

営業代行の導入目的を明確にする

営業代行を導入する企業は、珍しくなくなっているほど浸透し、普及しています。そうはいっても、今からいよいよ導入を考えているという企業もまだまだ多く存在します。

取引先が導入したから…、知り合いが導入したから…といって影響を受けるのも良いのですが、その前に、なぜ貴社には営業代行が必要なのか、導入しようと思うのか、目的を明確にしておくことが重要です。きちんとどういうことをしたいのかが絞れない限り、どの営業代行に依頼をするのかも決まらないからです。

営業代行といっても、得意・不得意は必ずあり、もし、貴社が既存顧客全体にテレマーケティングを行いたければ、テレアポ代行専門の営業代行を選んだほうが効率的になります。もし、貴社が営業組織や人材を見直したいなら、同行営業に強い営業代行を選んだほうが最適だというものです。それによって単価費用が違ってきますし、成果の終着をどこにするのかでもまったく費用は変わってしまうことになります。

営業代行を導入する時の注意ポイント

現在の営業が思わしくない場合、営業代行の導入を考えるのも一つの手段です。課題が見えなくなっているのなら、営業という人材の問題ではない場合もあるからです。その場合は、いくら人材の補充をしてみても、何ら状況が変わらないこともあります。だったら、課題を見つけることが今しなければならないことでしょう。

営業代行は、営業戦略を一緒になって考えてくれるコンサルティング的なところもありますから、ぜひ、営業代行の導入を検討してみることをおすすめします。その際、どの営業代行が良いのかを検討することになりますが、注意したい点が4つありますので、お伝えします。

一つめは、自社の商材が国内(全国か地方か)向けか海外向けかを決める、二つめは、営業代行スタッフの雇用状態(正社員か契約社員か)、三つめは、報酬体系(固定型か成果型か)、四つめは、コンプライアンスを守れるかといった点が注意ポイントになります。